更年期症状について

女性のライフステージの一段階である更年期は、ホルモンバランスの変化によってさまざまな症状が出ます。これを更年期症状と言います。

更年期症状のしくみ

更年期症状は、閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少することで起こります。閉経とは、月経が来ない状態が1年以上続いたことを言い、平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎えます。一般的には閉経をはさんだ、約10年間を「更年期」と呼びます。

更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

更年期症状の主な原因は女性ホルモンであるエストロゲンが低下していくことですが、その分泌量が減少すると、今までエストロゲンによって調節されていた体の機能がうまく働かなくなります。また、エストロゲンが低下すると脳がもっとエストロゲンを出すように信号を送ります。しかしその際に様々なところでバランスを崩し自律神経の調節がうまくいかなくなります。つまり、エストロゲンの急激な減少にからだがついていけず、神経の調節の不良や心身の不調が起こりやすくなる状態になるのです。

更年期に起こる症状

では、具体的にどのような症状が起こるのでしょうか。

更年期症状の代表的な症状の一つに「ホットフラッシュ」があり、突然の発汗、ほてり、のぼせ、等が表れますが、自律神経の調節がうまくいかず、血管の収縮・拡張のコントロールができなくなることが原因です。

  • 身体的:めまい、動悸、頭痛、肩こり、腰や背中の痛み、関節の痛み、冷え、しびれ、疲労等
  • 精神的:不眠、気分の落ち込み、やる気が出ない、イライラ、情緒不安定等

上記内容以外にも個々に様々な症状が表れる場合もあります。更年期障害の特徴の一つは症状が多彩なことですが、これらが他の病気による症状ではないことを確認する必要があります。

更年期症状の対策

「私、更年期症状で苦しんでいます!」声を大にして相談するのをためらってしまう方が多いようです。それだけデリケートな問題ですから、なかなか難しいですよね。かくゆう私も、目下更年期症状に悩まされている一人で、日々あの手この手で格闘しています。

だからこそ、お力になれることがたくさんあります。お悩みは自分の外に開放しなければ抱え込むだけで解決の糸口は見つかりません。まずは、お悩みを聞かせていただけませんか?

富士見美容整体院の美容整体は血流をよくするための技術が盛り込まれた施術です。ホルモンは血液の中でしか移動できないため、血流を良くする美容整体はホルモンバランスを整える必要がある更年期症状には打って付けです。

※更年期症状は、お一人お一人症状の内容、身体的、精神的要因など背景が違います。日常生活に支障を来すほどの症状は病院の受診をお勧めする場合もあります。